将棋フォーカス講座第6回【棋譜並べ】ゴキゲン中飛車vs急戦「変幻自在に戦う」菅井流やんちゃ振り飛車

2019-05-15    25   29

将棋フォーカス2019年5月12日放送
菅井流やんちゃ振り飛車講座 第6回

振り飛車党で将棋界トップクラスの実力を持つ菅井先生の、振り飛車の序盤での棋譜を紹介します。
今回は変幻自在に戦うということで、飛車が多く動いて活躍します。

ゴキゲン中飛車vs持久戦「変幻自在に戦う」局面1


※後手番が振り飛車側ですので、反転させてからご覧ください。
前記事の続きで14手目から変化


なんと27手目の銀で穴熊を囲った手が悪手となりました。
穴熊は相手の動きを見ながら囲わないといけないので、上級者向けと言われるのかもしれません。
次は、居飛車側が違う手を指した場合を見てみます。

ゴキゲン中飛車vs持久戦「変幻自在に戦う」局面2


※後手番が振り飛車側ですので、反転させてからご覧ください。
前記事の続きで26手目から変化


居飛車が穴熊を強固にしすぎると、隙きができてしまうようです。
なかなか、相手がここまで強固に囲う人とは対局したことがありませんが…
次は、居飛車の突破をなんとか防ごうとします。

ゴキゲン中飛車vs持久戦「変幻自在に戦う」局面3


※後手番が振り飛車側ですので、反転させてからご覧ください。
前記事の続きで32手目から変化


またしても飛車の突破が実現しました。
次は、さらに居飛車が飛車の突破を防ごうとします。

ゴキゲン中飛車vs持久戦「変幻自在に戦う」局面4


※後手番が振り飛車側ですので、反転させてからご覧ください。
前記事の続きで36手目から変化


この局面での飛車交換は振り飛車側が大歓迎。
自玉の離れた金が飛車の打ち込みを防ぎ、受けに回った銀は堅さ負けを軽減。
次は、居飛車側が飛車交換を避けた場合を見てみましょう。

ゴキゲン中飛車vs持久戦「変幻自在に戦う」局面5


※後手番が振り飛車側ですので、反転させてからご覧ください。
前記事の続きで38手目から変化


振り飛車側は飛車と角の二駒で、居飛車の飛車を攻めるという状況。
これまた振り飛車側が飛車を突破して、優勢になりました。
相手がガチガチに固めて来た場合の、振り飛車の対応策でした。

次の講座も楽しみです。

comment このページの内容についてご意見がございましたらご協力お願いします。

お名前とコメントは入力必須です。

コメントの文字数が短すぎます。

この内容でコメントを送る
コメントをする
この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。