ファイザーCEOが2022年ダボス会議にて「2023年までに人口を50%削減すること。この夢は現実になりつつある」はフェイクニュースでした

2022-06-07    714   909

ダボス会議ファイザー


フェイク動画を見た時に、そんな発言を公の場でするわけがない。と思いました。
そして、発言の原文を探し、高性能なディープラーニング翻訳にて見てみると...以下をご覧ください。

Fact Check-Edited video cuts Pfizer CEO’s comments at World Economic Forum
ファクトチェック-世界経済フォーラムでのファイザーCEOの発言を編集したビデオについて
ロイターのファクトチェック(原文)

▼▼▼ 以下 ロイターファクトチェックの記事を翻訳 ▼▼▼

2022年5月にスイスのダボスで開催された世界経済フォーラム(WEF)で、ファイザーの最高経営責任者アルバート・ブーラが講演する様子を編集した動画が、ソーシャルメディアのユーザーによってオンラインで共有されています。Bourla氏は、2023年までに世界人口の50%削減を目指すとは言っていない。編集されていないクリップには、同社のCEOが「自分のチームはファイザーの医薬品を買えない人を50%減らすという目標を立てた」と発言する様子が映っていた。

誤解を招くクリップは、Bourlaのコメントをカットし、いくつかの言葉を取り出して、同社のCEOが2023年までに世界の人口が激減することを目指すと言ったかのように見せているのです。

この欺瞞的に編集された映像は、ブルラがこう言ったように見せかける。「19年に起業したとき、リーダーシップ・チームと一緒に見た夢のようなものでした。19年の1月に最初の週にカリフォルニアで会合し、今後5年間の目標を設定したのですが、その中のひとつに、2023年までに世界の人口を50%削減するというものがありました。今日、この夢は現実になりつつあると思います。"

そして、人々は彼のコメントに反応して拍手しているのが聞こえます。

編集された動画をFacebookでシェアしたあるユーザーは、こう語っている。
PFIZER CEO:「私たちの夢は、2023年までに人口を50%削減することです。今日、その夢が現実になりつつあると思います」 #WEF2022 #ダヴォス それで、彼らの『ヒット・リスト』に載っているのは誰なんだ!」


しかし、この映像は騙すようにカットされており、ファイザー社のCEOは、自分のチームが2023年までに世界の人口を削減する目標を設定したとは言っていない。

修正されていない映像は、世界経済フォーラム(WEF)がアップロードした会話のライブストリームで見ることができます。

そのままの映像で、Bourlaはこう言っているのが聞こえます。
最初の週は19年1月にカリフォルニアで会い、今後5年間の目標を立て、そのうちの1つは、2023年までに、私たちの薬を買えない世界の人々の数を50%削減することでした。


<評点>


変更されました。ファイザーのCEOは、ダボスで開催されたWEFで、自分のチームが2023年までに世界の人口を50%激減させるという目標を設定したとは言っていないのです。ネットで出回っているクリップは、ブルラのコメントからいくつかの言葉を欺瞞的に切り取っている。実際には、彼は自分のチームが、その年までにファイザーの医薬品を買えない人々の数を半分に減らすという目標を立てたと言ったのだ。

この記事は、ロイターのファクトチェックチームによって作成されました。

www.DeepL.com/Translatorで翻訳しました。

comment 登録なしでご自由にご入力いただけます(^^)ぜひぜひ記事のご感想をお聞かせ下さい。

お名前とコメントは入力必須です。

コメントの文字数が短すぎます。

この内容でコメントを送る
コメントをする

目が疲れている方向けにラジオ系Youtubeを始めました

オススメの特命リサーチに関する記事

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。