Javascriptで数値の先頭のゼロを削除する方法と、数字の先頭にゼロつける方法

2012-10-07

例えば「01」や「02」など、先頭にゼロがついている数値を「1」という数値に直す場合は、Number関数を使用します。

var str = "05";
var num = Number(str);

//結果
num == 5
逆に決まった桁数で先頭にゼロをつけなければいけないケース(ゼロパディング)もよく出くわします。その場合は下記の方法がおそらく最短コード。
var num = 5;
var str = ('0' + num).slice(-2);

//結果
str == '05'
slice関数を使うとスマートにゼロパディングができます。先頭にゼロをつけて、右から2桁だけ取得するという動作をしています。

<javascriptゼロパディングのユーザー定義関数>


ゼロパディングはそこそこ使うことがあるので、関数化しておくと便利です。
//ゼロパディング関数(桁数のデフォルト値は3)
function zeroPadding(num,digits_num = 3){
digits_num = parseInt(0) - parseInt(digits_num);
return ( '000000000000000000000000' + num ).slice(digits_num);
}

//使用例(日時の表示)
var hiduke = new Date();
var year = hiduke.getFullYear();
var month = zeroPadding(hiduke.getMonth()+1,2);
var day = zeroPadding(hiduke.getDate(),2);
var hour = zeroPadding(hiduke.getHours(),2);
var minute = zeroPadding(hiduke.getMinutes(),2);

//日時をアラートで表示
alert(year +"/"+ month +"/"+ day +" "+ hour +":"+ minute +":"+ second);

カテゴリ: Javascript

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。