5Gのことみんな大げさに伝えすぎ!5Gは余計な進化ばかりか人体への悪影響あり!IoTは愚の骨頂!

2019-04-18

5Gは余計な進化ばかりか人体への悪影響あり



5Gによってどういう進化があるのかは、ネットに情報がゴロゴロ転がっていますね。

「高速大容量」「低遅延」「省電力」「多接続」

オリンピックは2020年の夏ですから、今から1年後には日本でも一部限定で実用化される見込みです。

<5Gに関して大げさな情報が飛び交っているけど実際は?>


5Gは直線性が高い電波だそうで、今より多くの基地局が必要になるとか?
インフラ整備は東京からになると思うので、地方は少し遅れての導入になるでしょう。

さらに「低遅延」と「多接続」に関しては、5G導入直後には対応できないみたいです。
ネットの情報では2020年の春に5G導入で激変するようなニュアンスで伝えているサイトが多いですが、徐々に切り替わっていくとのことです。

<悲報!5Gを利用すると料金が割高に!>


とりあえず、通信速度が速くなるということで、5Gの実用化が非常に楽しみなところですが!!
最初は2,000円くらいのオプション料金を追加で払わないと、5Gは使えないかもしれません。
アメリカでは5Gを利用する際は料金が割高になっているという情報を目にしました。

NTTの力が強すぎるから、近年ケータイのプラン料金を下げるよう国がNTTを牽制していましたが、結局5Gでまた値上げするんかい!って感じです。NTTは基地局を作るインフラの入札案件にも通過しているので大儲かり。プラン値下げをしても全然ビクともしません。利権ってやっぱ無敵ですね(笑)

<悲報!5G電波は人体への悪影響がより強まる>


5Gはこれも抑えておきたいところ!5Gの電波はこれまで以上に人体に悪影響があるかも…という情報があります。アメリカの一部では5Gの導入に反対をしているところもあるので、事実の可能性がありますね。頭痛、記憶障害などの影響が実際に出ているという情報も一部で出回っています。

この情報に関しては社会的にはタブーとされているので、テレビでは取り扱われないでしょう。闇が深い問題です。信じるか信じないかはあなた次第といったところです。

<LANケーブル(有線)の通信よりも5G電波通信の方が速くなる>


転送速度が速くなるということで、気になった点があります。
データ通信速度が4Gよりも20倍以上になり、DVD1枚分のデータ(4ギガ)が2秒で転送できるそうなのです。それって、USB(有線)による通信より断然速いってことですよね?なんか不思議です。

USBは4ギガのデータを転送するのに2秒以上は絶対にかかりますよ!下手したら1分かかります。
あれ?USBって既に4Gよりも遅いってこと??気づかなかった。

進化なきUSBはさておき、LANケーブルはどうなのでしょうか?
LANケーブル自体に速度の限界がありますから、有線での通信のほうが遅くなってしまうということになります。多くのパソコンが並ぶ職場で、LANケーブルが不要となれば、ケーブルがすっきりしていいですね。

<5Gまでの電波の歴史を少し振り返る>


2000年前後のガラケー時代はまだ3G回線でした。
当時は、フロッピーディスクの需要があり、テキストデータのやり取りが中心。

その後、MO・ZIP、そしてUSBメモリという記憶媒体が出て、画像や音声データのやり取りができるようになりました。

2010年頃に4G回線になり、ネットで動画を見ることが一般的になってきました。
ちなみにyoutubeは2005年生まれで、最初の頃は小さいサイズの映像で、画質も悪かったのですが、
4Gの登場以来、高画質の動画が普及したという流れです。

2020年は5G回線になります。4K、8Kサイズのより高画質な動画はもちろん、VR映像の普及が期待されています。が、8KとかVRって全然興味持てないんですけど…。って人は結構いたりするんじゃないでしょうか?

<5Gって余計な進化ばかりじゃない?画質よりも内容が大事>


近年はそれほどいい進化を聞かない。と個人的に思っている。

例えば、冷蔵庫。そこそこ新しいものを見てみると、「注目は野菜室が1段目から2段目に」って、微妙すぎやしないかその進化。

iphoneもカメラの機能性がアップしている以外にこれといった注目されるべき進化はないという印象。折りたたみまだなの?って感じです。

インターネットは2005年にYoutubeが登場以来、今もなおYoutubeがトップクラスの人気サイトです。2005年でコンテンツの進化が止まったのかな(笑)

芸能界では映画が一番大きいビジネスですが、コンテンツの分類としてはただの動画です。
そしてYoutubeも動画です。テレビも動画。要するに、ベストなコンテンツは動画から何も進化がないということになりますね。

5Gによりどれだけ画質が良くなっても内容が面白くないと意味がありません。
逆に内容がよければ画質は悪くても注目されます。だから4K、8K、VRという進化は余計な進化でしかありません。正直ゲームに至っては90年代の内容が充実しすぎていて、いまだに古いゲームのリメイク作品が多いです。

進化はいつか止まるものです。
大衆娯楽の進化のゴールは動画・ゲームという結論で。

<5GがもたらすIoTは家電ヲタ向けじゃないか?>


あらゆる家電や電子機器がネットにつながることを「IoT」と言うそうです。
家電をネット繋げる。はっきりいって余計な進化でしかないし、必要性ないんじゃない。と思いませんか?

例えば、買い物の際に「賞味期限が近い卵が2個しかありませんが、買いますか?」という風に
自宅の冷蔵庫の中身の情報を照らして、それをスマホが教えてくれるそうです(笑)

まあ、しょうもない機能ですよね。
エアコン操作がスマホでっていうのは、ちょっとありがたいけど。

AIが人間より賢い部分があるから、AIの言葉を見て、聞いて、それを参考に物事を決めていきましょうってことなんですかね?あと、単身時代だから、AIに話しかけて寂しさを紛らわせてね。ってことですか(笑)

全然、不要なんですけどIoT!皆さんは5GがもたらすIoTを必要だと感じますか?
私は愚の骨頂だと思います!地球派の思考ですいません!宇宙派のみなさん。

※地球派、宇宙派という用語解説に関してはググってください。

<医療の世界で低遅延の5Gにより遠隔手術が普及する>


VRとロボットアームのコンビネーションで、遠隔手術が現実的になります。
中国では5Gを使って、50km離れたところからの遠隔手術実験で、動物の肝臓を取り出すことに成功したそうです。医師と遠隔地のアームロボット間の遅延はわずか0.1秒ほどだったという好結果。

細かく精密な部分の手術に関しては既に、医者が実際に手を使うより、ロボットのほうが勝っているので、そういった状況の時に活躍しそうです。現場で実際に手を使う人と、ロボットアームのコンビネーション。素晴らしいです…

がしかし!どうせ高額な医療費になるので、一般市民には無縁だと思います、ハイ!

え、都心部の優秀な医者が、地方の患者を手術できるかもって??
地方の病院がそんな設備を設けられるとは思わないので、結局難しい手術は移動が必要なんじゃないですかね…。


<その他ちょっとした5Gがもたらす変化>


5Gの多接続の恩恵により、人口が密集してるところでも通信速度が安定するのではということです。
これは非常にありがたいですね。

5Gの高画質、低遅延の恩恵により、リアルな遠隔会議が可能になるということです。
別に会議はリアルな映像でなくてもいいような…。そんなことより会議の内容が大事なので、これについてはどうでもいい進化だなと思いました。
海外との通信で、低遅延になるのは素晴らしい進化ですね。

5Gの低遅延の恩恵により、遠隔見守りサービスのクオリティーが増すのではということです。
育児や介護業界で需要が見込めるそうですが、別に監視側もずっと映像見ているわけではないし、低遅延である必要性がないと思います。
これも大した進化ではないと思います。

意外と大したことないんですよ。一般市民にとっての5Gによる変化なんてのは。
みんな過剰に伝えてサイトのアクセス集めるのに必死なんです。
フェイクニュースばっかりですよ(笑)

<5Gが一般市民に与える影響は極わずかだと思われる>


4Gの今より、動画のストリーミング速度が速くなる。高画質でもそこそこ速い読み込みが期待できる。
ネットがパンク状態になって繋がりにくいという状況が減る。
ゲーム好きな人は、複数人でのオンラインゲームが低遅延により楽しさアップ。

5Gになっても一般市民にとってはそのくらいの変化でしかないのでは?と思います。

世間は大げさに情報を伝えすぎです。
いずれ今より激変するとしても、急速には変わらないでしょう。

自動車の自動運転についても5Gにより実用化が現実的になるそうですが、これまでの自動車はどうするの?廃棄するの?これに関しても急速には変えられないでしょう。10年以上先の未来だと予想します。

<ここが一番気になる!5Gによりネットの動画サービスがテレビを超えることは確定>


既にネット動画サービス「Amazonプライム」「Netflix(ネットフリックス)」が盛り上がっていますが、Youtubeを先頭にネット動画がテレビの視聴数を超える時が来そうです。

現在の新しいテレビはネットが見れるようになっているので、テレビユーザーもテレビでネット動画を見るのが主流になることが予想されます。

一部のテレビタレントはYoutubeの方が稼げることに気づいて、テレビ業界から離れていって、独自で稼ぐようになっていますよね。
大企業もテレビCMより、Youtubeの方に広告予算を大きく割り当てるようになっていきます。既にその予兆がありますので確定です。

近い将来、テレビがラジオのように規模が縮小していき、タレント達はYoutubeや有料のネット動画サービスに活動を移行するかもしれません。

個人的には5GによりYoutubeがどう進化して、テレビがどうなっていくのかが楽しみです。

カテゴリ: 個人的主張

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。