【フリー素材】フォーム用のボタン

2012-08-09    301   613


個人的に好きな色のボタンを3パターン作りました。CSS3で表現できるものですが、IEが対応していないので、グラデーションや角丸はまだまだ画像を使っていった方が無難ですよね。ボタンの文字を編集したい方もいると思うのでPSDファイルもアップしてあります。

人物フリー素材SELLSELF
ダウンロード[PNG]
ダウンロード[PSD]

※自由に使っていただいてかまいませんが、再配布はご遠慮ください。

カテゴリ: WEB素材

comment 登録なしでご自由にご入力いただけます(^^)ぜひぜひ記事のご感想をお聞かせ下さい。

匿名希望3月11日

コロナウイルスの仕事減のついでに6年デザインが変わっていないサイトの改装に役立ちました。4月1日(エイプリルフール)から実装予定です(笑)

1 返信
marc4月17日

ノイズフィルタータップは「屋内配線に乗っているノイズを消してくれる物」ではなく「下流に接続した電化製品と屋内配線の間のノイズの流れ込みを抑える物」なので、「ノイズフィルターなし」のようにそもそもノイズの発生源である電化製品が存在しない状態が一番通信環境は良い筈だと思います。

返信
marc4月17日

途中で送ってしまいました。
「ノイズフィルター無し」が一番速度が遅いのは計測のタイミングによる単なる誤差ではないでしょうか?

返信
m2net4月17日

ご指摘の通り、ノイズ発生が少ない環境ではノイズフィルターは必要がないかと思います\(^o^)/

返信
marc4月28日

すみません、返信が遅くなりました。私が言いたいのはそういう事ではなくて、
「PLC利用者必見!ノイズフィルターの効果を検証」の段落の実験方法は
ノイズフィルターの効果の検証方法としては不適切で、
この検証から「ノイズフィルターの必要性がわかる」という結論を出すのは誤りであるという事です。
何故かというと「ノイズフィルターなし」の計測時には上のコンセントに何も挿されていないので、
そもそも屋内配線に流れ込むノイズ自体が存在しないのですから。

ノイズフィルターの効果を検証するための対照実験をするのであれば、
「ノイズフィルターなし」の速度計測時にはコンセントの上の差込口に、
500円&2000円のノイズフィルターに接続していた白いプラグ(=ノイズ源)を直接挿さなくてはいけない筈です。
ノイズフィルターの有無以外の条件は全て同一にしないとノイズフィルターの効果を語ることはできません。

1 返信
m2net4月30日

ご返信ありがとうございます。一つお伺いしたいのですが、「下流に接続した電化製品と屋内配線の間のノイズの流れ込みを抑える物」という情報は理論上そうなのですか?電気工学にはそれほど詳しくないので。もし、下流のノイズにのみ抑えるものなら検証方法がよくないですね。ネットの速度は随時変動するので確実な測定が難しいわけですが、幾度か測定してみて、明らかに違いが出ると感じました。ゆえに、「下流に接続した電化製品…」という情報に違和感を感じます。

1
marc5月1日

こちらこそ通りすがりのコメントにお付き合い頂きましてありがとうございます。
私も電気工学には詳しくなく、理論をきちんと理解している訳ではありませんが、
ノイズフィルターの購入検討時に色々調べた結果、以下のように理解しております。

記事中の500円フィルターはエレコムのKT-180だと思いますが、同製品のエレコムの製品紹介では
「壁などのコンセントから侵入してくる伝導ノイズを減少させるノイズフィルターを内蔵しています。」
と書かれており、配線上のノイズ自体を除去する効果があるという書き方はされておりません。
(https://www.elecom.co.jp/products/KT-180.html)

また、KT-180を分解された方の記事(https://pctrouble.net/network/plc_nf.html)によると
ノイズフィルターの正体はプラグの両極間に接続されたコンデンサだそうです。
これは恐らく、アクロス・ザ・ライン コンデンサ とか Xコンデンサ と呼ばれる役割の物で、その効果としては
「電源側のノイズが装置に行くのを抑える」(http://sts-presents.com/STS01/shikujiri/nomalnoize/)あるいは
「装置側のノイズが商用電源に入るのを防止する」(https://detail-infomation.com/x-capacitor/)働きがあるようです。
更に、先に挙げた方の別記事(https://pctrouble.net/network/plc.html#nf)でも
ノイズの発生源になりそうな物をKT-180の下流に接続するのが正しい使い方だと説明されています。

以上の情報から判断して、私は記事中のノイズフィルターは「下流に接続した電化製品と
屋内配線の間のノイズの流れ込みを抑えることを目的とした製品」であると考えております。


m2net様の「上のコンセントにノイズフィルターを挿したら下に挿しているPLCの速度が上がった」という
結果自体を疑っているわけではありませんが、「重大要因であるノイズ源の条件が異なる実験結果どうしを比較している」
「(私の知識の範囲では)ノイズ源無し&フィルター無しの方が速度が落ちることの合理的な理由が思いつかない」という2点から
この結果にはタイミング誤差のような別の要因が影響しておりフィルターの効果を正確に反映していないのでは、と考え
この実験結果を論拠に結論を出すことに違和感を感じた次第です。

1 返信
m2net5月2日

テレビ・電子レンジのコンセントが差してある状態でノイズフィルターのあり、なしの速度差を検証すべきでした。確かに、効果を正確に実証できていないと思います。現在はPLCを使用していないので、他のPLCの検証記事で有力な情報がありましたら、記事の参考リンクを追加していきたいと思いいます。

返信

お名前とコメントは入力必須です。

コメントの文字数が短すぎます。

この内容でコメントを送る
コメントをする
この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。