パソコンにてアドビプレミアでのYouTubeショート動画作成方法

2022-01-12    524   1168

パソコンでのYouTubeショート動画の作り方を初心者向けにスクショ画像と共に説明します。
ショート動画は本編動画の予告や宣伝用ダイジェストにいいかもしれません。

ショート動画は60秒未満にしなければいけません。
これはYouTubeの指定で決まりごとです。

あとは9:16のスマホの縦長比率というルールがあり、
パソコンで加工する場合は1080x1920で作成をします。
大きすぎるなら、720x1280でもよさそうです。

では早速、Adobe Premiere Proでシーケンス作成します。
バージョンが2017で古めですが、さほど変わらないでしょう!
なんでも最新というのに興味がないもので、慣れたものを使い続ける派でして…。

ショート動画

編集したい動画を置く枠の右下にあるファイルアイコンのボタンを押します。
ショート動画

プリセットは適当でいいかもしれません。どうせカスタムで縦横比のサイズ変更するので。
ショート動画

プリセットを選んだら、「設定タブ」に移行。
編集モードを「カスタム」に選択
フレームサイズに1080x1920を入力
OKボタンを押してシーケンスの設定完了。

ショート動画

プレビュー画面のフレームが縦長になっていれば成功です。

60秒以内の動画に編集をしてください。

一応、書き出しのスクショも用意しました。参考程度に確認してください。
アドビプレミア書き出し

ツールメニューの「ファイル」を押して、書き出しのメディアを押して下さい。

アドビプレミア書き出し

形式をH.264にするとmp4エンコードになります。現在のプレミアでは名称が異なるかもしれません。
ビットレートは高画質で残したい場合は初期のままで変更しなくても構いません。

あとはYoutubeに動画をアップして、動画タイトルの語尾に「#Shorts」とハッシュタグを入力すれば、ショート動画として自動的に認識されます。
ハッシュタグの前には半角スペースを入力しておきましょう。

以上、パソコンでYouTubeショート動画を作成する方法の紹介でした。

comment 登録なしでご自由にご入力いただけます(^^)ぜひぜひ記事のご感想をお聞かせ下さい。

お名前とコメントは入力必須です。

コメントの文字数が短すぎます。

この内容でコメントを送る
コメントをする

目が疲れている方向けにラジオ系Youtubeを始めました

オススメの動画編集に関する記事

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。