テレビを見るとバカになる。捏造によりインフルエンザに怯える人間が出来上がった

2022-07-29    78   140 この記事はYoutubeにて同じ内容のものが公開されております

テレビを見るとバカになる


全然怖くありません。サル痘とかコロナ感染症とか。根本をざっくりと理解してるからでしょうか。別に細かいことを知る必要ありません。西洋医学の難しい横文字とかどうでもいいのです。ざっくり伝統ある昔ながらの教えを少し齧ればいいだけ。それだけで、心が穏やかになれます。

しかし、世の中違和感があることが多いですね。

安倍元総理の銃撃事件もお手製の鉄砲2発目の前に、元首相の襟がフワッとしていて、心霊現象でしょうか?一発目はどこに撃ったのかよくわからない。適当なところに撃ったとしたら、一発目は合図だったと考えられます。そして合図後、1、2、3で狙撃手と合わせる。そう考えるとしっくりきます。

で、銃弾は見つかったのかな?見つかってないなら、摩訶不思議です。あれだけの人目でこっそり回収するのは難しいそうだけど。劇団員の集まりだったのでしょうか?まあ、違和感を残した事件でした。疑うの面倒なんで、世間のストーリー通り、教会絡みの怨恨からの犯行ってことでいいや。と、どうせ、真実はうやむやのままで、絶対的な証明はムリだろうと思います。検察もどうせ腐ってるでしょうから。

そして、昨日日曜日は新規感染者数16万人過去最多?どうでもですその情報は。若者はさっさと感染して、6・7割抗体を持てば、老人を救えます。集団免疫というワードを最近は聞かなくなりましたね。まともな有識者の方も諦めたみたいです。世間が聞く耳もたないので。

テレビに出てる医者は、「ワクチン摂取してない人は免疫がない」的な発言をしているそうで、無知さこの上なしと言った感じですね。医者が集団免疫を理解できないように医学はできてるのかな?ワクチンを打ちたいもんね。商売する側としては集団免疫は理解されると都合悪いもんね。そんなのお見通し。

個人的に2年半前から出てきたコロナ感染症は普通にエンザ扱いしています。漫画家よしりんいわく、異なるものだという説明は理解できますが、別にややこしい見解はいらなくて、症状も感染の仕方も死者数も治し方も、これまでのインフルエンザと変わらないじゃないですか?

味覚障害・倦怠感なんてのは、普通の風邪でもあるケースですから。毎年、インフルエンザっていうのは個性的なのです。ずっと変異し続けるのですから。

コロナ感染者ばかりで、インフルエンザの人が全然いないという情報がありますが、なぜいちいち別として考えるのか?別として考えるから、恐怖におののく人たちが止まないんです。「風邪だ」と主張してる人は、インフルエンザと変わらんよってことを言いたいのでしょ?インフルエンザじゃないですか実際。何がそんなに違うの?気付いてる人も、いちいち分けて考えて発言するから、誤解がいつまでも解けないのではないかと思っています。

そして、最近の状況はというと、味覚障害の話を聞かなくなりました。高熱がでるケースが多いのかな?だとしたら、より一層これまでの一般的なインフルエンザではありませんか。しかし、夏に流行るというのが解せない。どうでもいいですがね。死者数の9割以上が70代以上の高齢者だというなら、若者はさっさともらって、終わらせればいいだけなので。

竹中平蔵の平チャンネルでは、一ヶ月以上前のダボス会議に行ってきたという回で、スイスでは誰もマスクなんかしてないとのこと。そして、ヤマト・ユダヤ教会の赤塚さんは、最近イスラエルに訪問して、やはり誰もマスクをしてないと普通に戻っていると報告しています。

日本は邪悪なテレビが「コロナになったらかなりの高確率で後遺症が残る」と完全に刷り込みました。それを信じ切っている国民達。もう無理ですね。恐怖で煽り続けた結果ですから。その洗脳を解くのはテレビでも2年かかるんじゃないですか?毎日、コロナはとっくの昔に弱毒化して、季節性エンザの扱いになってますよと、700日間言い続けてあげないと安心できません。ワクチンを摂取させることで、お偉いさん方が大変潤って、もう十分満足したので、コロナ茶番のこと正直にお話します。という日が来るといいですね。

テレビが「重症化を防ぐと思われる」と言うと、「間違いなく重症化を防いでるんだ」と、間違った受け取り方をする多数派。どんどん弱毒化してくので、別に摂取しなくても重症化は減るのですよ?なぜワクチンをそんなに崇めるのか。

重症化に関しても、別に難しい知識がなくても真実にたどり着けます。

重症化の定義を肺炎とするのが分かりやすい。西洋医学では肺炎は抗生物質で助かるケースがあります。しかし、老衰や高血糖によって血管ボロボロの人は、抗生物質でも助かりません。免疫不全に近い状態なら。若者でも免疫力が弱すぎる人はいます。ガンになってる人というのは、血流がすごく悪くて低体温。そういった方も肺炎になれば、致死率は高いでしょう。

肺炎というのは、非常にまずい、重症化という名に相応しいわけですが、体力がある人はそこまでひどくならないし、なっても助かるケースが多いわけです。これは死者数の年齢別のデータを見れば一目瞭然。そして、人間というのは、肺炎で最後を向かえるケースが非常に多いのだということも常識として把握しておくべきです。

次はモサル痘が流行るのかな?症状が強いのなら、隔離されるのも速いですから、それほど広がらない。症状が弱くて、無症状のまま過ごしてる人が多いなら、感染者数が多くなりますが、健康体の人はまず乗り越えられる。

人工的に作られたものかどうか?に関しては、判断が難しいわけですが、個人的には、人工的に作るなら飛沫感染しないものを作るんじゃないの?と思うのですが。感染しやすくて、変異し続けるものは作った側にも被害が出るし、特効薬なんてありませんからね。「細菌兵器」というのはウイルスではなく細菌。細菌なら飛沫感染しないのかなと。

ただのエンザや薬害なのに、メディアが色々捏造して話を進めている。全然大したことないんだろうなと思い込んでおります。気を楽にして、今日も空を仰いで深呼吸。酸素をたっぷり吸い込んで、酸化していく身体にビタミン・ミネラルをしっかり補充して過ごしております。

カテゴリ: 病気予防

comment 登録なしでご自由にご入力いただけます(^^)ぜひぜひ記事のご感想をお聞かせ下さい。

お名前とコメントは入力必須です。

コメントの文字数が短すぎます。

この内容でコメントを送る
コメントをする

目が疲れている方向けにラジオ系Youtubeを始めました

オススメの病気予防に関する記事

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。