少数派の悪い部分「自己顕示欲」と向き合う。他人を批判して自分を誇示する邪悪な精神あり【参政党・れいわ・NHK党】

2022-05-04


「バカの壁」著者:養老 孟司 「話せばわかる」なんて大ウソ!互いに話が通じないのは、そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである。それを知ることで世界の見方が分かってくる。というあらすじのようです。 NHK党 立花さん 2020年の都知事選にて これはバカの多数派とかしこの少数派の戦いです という内容での演説で各地を回りました。 同じく都知事選で桜井誠も 公約を何一つ達成していない、都合のいいことばかりいう嘘つき小池に投票する奴はバカ だと演説で訴えました。 信者を多く抱える2ちゃん創始者のひろゆき バカだからじゃないですか? と切り捨てることが非常...

本を読むとバカになる!筆者を信頼しすぎて自分の頭で考えなくなる。本を書く側の自己顕示欲の強さにも着目

2022-03-04


「本を読むとバカになる」 1800年代の哲学者・ショーペンハウアーが残した言葉。 「本を読むとバカになる」と聞いて、 「あーはいはい、そういう部分あるよね」と思う人、 「は?本を読む人に失礼じゃないか」と感じる人。 大きく分けて2パターンでしょうか? 理論を世間に広げようとする際、「見出し」は極論で書くことが非常に多い。 ですので、言葉のままでしか受け取れない人は正しく解釈できません。 「本を読むとバカになる」「医者はみんなバカ」「女は感情の生き物」という見出し。 これらは、100%そうである!と言ってるのではありません。 「割合そうであるケースが多いで...

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。