【たぬかな炎上】有名人の失言に対して怒るのは精神的に自立していない証拠

2022-02-23    487   1207 この記事はYoutubeにて同じ内容のものが公開されております

失言で炎上


度々、有名人の失言で炎上というニュースが取り沙汰されます。
記憶に新しいのは、東京五輪の森元会長「女性が多い会議は時間かかる」で炎上。切り取り報道でしたが、辞任に追い込まれました。
信者の前でやたら早口で話して、気持ちよくなってる心理学のアドバイザー?的なDAIGOという人物「ホームレスより猫の命の方が重いっしょ」で炎上。で、今回はゲーム配信者たぬかなという方の「170cm以下のチビ男に人権はねぇ」で炎上。ホリエモンなんかは年に1回くらい、炎上で世間を楽しませてくれますね。

僕はこういった有名人の失言の何が悪いの?って感じです。この件に関しても少数派の位置に立ってしまいます。これはもう性ですね。だって自分と関係のない他人の意見ですよ。その人が何を言おうが「ああ、この人はこういう考え方なんだなぁ」で終わりです。怒る理由が全くありません。失言だとも思わないです。ただただその人の考え方。むしろ批判してる人達が滑稽に思えます。

世間の暗黙のルールとして「責任ある立場の人は、発言に気をつけなければならない」というのがあります。こんなルールがあるから「言いたいことも言えない世の中」になって、「生きづらい世の中」になってるんじゃないですか?

国民の多数派がまともな理解力と精神的な自立をしていれば、「この人はこういう考え方なんだな」で終わりなんです。ですが、権威主義で芸能人・有名人をやたら崇拝する国民が圧倒的多数派だから「発言に責任を持て」というルールができたのでしょう。

有名人の信者が多いですから、教祖様は発言に気をつけなければいけない。そんな世界観?
自我が弱く、協調性に重きを置くのは日本人気質で、良い部分でもあり悪い部分でもあるわけですが、他人の意見にいちいち傷ついたり、怒ったりするのは、未熟な精神だなと感じざるをえません。

お偉いさんが「女性が多い会議は時間かかる」という持論を公言したことにより、「それを聞いて傷つく人がいるんだぞ!」って、ほんとに?傷つく?たかが一人の意見ですよ。

精神的に自立できていないから、他人の意見が気になる、他人の目線が気になる。その結果、当たり障りのないことしか言えない、面白みのない人間になる。自己主張ができない。相手の顔色を伺って正直に物申せない。権威に従順。特権階級の人達からすると、日本の国民性は非常に統治がしやすいですね。

直近で起きました「たぬかなのチビ男に人権はねぇ」に関して少し掘り下げます。
今回問題にされた生配信の映像をyoutubeでチェックしました。

かなりラフなシチュエーションでした。
冷蔵庫の前で部屋着で、ユーザーのコメントを見ながら話してるといった感じ。
そこで、「私はチビが受けない。170cm以下の男に人権ないと思っている。でもハゲとデブとは付き合える。」といった内容が語られていました。「人権ない」という過激なワードチョイスは視聴者を喜ばせようというサービス精神でしょう。内容としては、ただただ自分の趣味趣向を話していただけです。

この配信に対し、「ある程度の知名度があり影響力のある人の発言には責任が発生するんです」という言い分。

これは配信に対する価値観の違いです。

どういうことかというと、若い世代はキャス・ティックトック・ふわっちといった生配信サイトで配信したり、見たりする文化が日常に組み込まれていて、当たり前になっているんです。お互い部屋の中で話しているという空間をイメージして下さい。別に公の場で話してるという感覚はありません。

視聴制限をかけていなければ、誰もが閲覧できますが、「自分の部屋で部屋着でダラダラ雑残トークしている」こういったラフなシチュエショーンの生配信は日々24時間様々な人が行っています。今現在も数万件の生配信が公開されているわけです。

それを「公の場」と捉えるか捉えないかです。

この価値観を定義すべきなら、法律で定義すればいい。でも今は未定義なので、どう捉えるかは各々の自由です。ですので「公の場では発言に気をつけろ」という指摘は、今回のたぬかな炎上では通らない言い分です。公の場と認識しているなら、言われなくても発言に気をつけると思います。

この炎上はたぬかなさんにとって好都合な面がありますので、計算に入っていたかもしれません。配信で有名になれた人というのはしたたかなものです。今回の炎上により、チャンネルが世間により注目され、良い意味でも悪い意味でも知名度が上がりました。趣味嗜好の多様化ですから、毒のある発言を好む人も少なからずいるわけです。この炎上がきっかけで新たにファンになった人は多いことでしょう。

当然ですが、失言を全て肯定するわけではありません。
ニュースで炎上記事が出たからといって、みんな批判してるから私もこの人嫌い。と同調して大衆に迎合する人ばかりだなぁと感じます。全く自分で問題を分析していない。そのクセ偉そうにSNSで批判をする。炎上の発起人より、群がって人をいじめる行為を平然とやってのける、己の民度の低さを疑ってみてほしいものです。

完全に自立している人は、他人の言動にいちいち左右されません。これは自分軸を持つと表現されます。自分が流行りに敏感で、マスゴミに踊らされる他人軸なタイプだと気付けたら「自立」について学んでみてください。「自立」で検索して自立とは一体どのような人間のことを指すのかを根本から知ることで、人材育成や教育への関心も高まりますから、奥が深くて、尽きることなく自主研究が楽しめますよ。

カテゴリ: 人間心理

comment 登録なしでご自由にご入力いただけます(^^)ぜひぜひ記事のご感想をお聞かせ下さい。

お名前とコメントは入力必須です。

コメントの文字数が短すぎます。

この内容でコメントを送る
コメントをする

目が疲れている方向けにラジオ系Youtubeを始めました

オススメの人間心理に関する記事

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。