シニア世代の再就職を有利にする方法。60代・70代のハローワーク攻略法

2022-04-03    494   1306 この記事はYoutubeにて同じ内容のものが公開されております

シニア世代の再就職


シニア世代 “再就職”の現実というニュース内の特集を動画で見ました。ハローワークには60代・70代の求職者が非常に多いとのことですが、10%くらいしか仕事が見つからないそうです。そこで、一つ仕事が見つかりやすくなる方法をご提案します。

厚生年金は14万ほどですが、国民年金だと5万程度で生活が困窮します。お金を全部おろして使い果たして、自己破産すれば生活保護を受給できますが、多くの真面目な日本人は、健康体で生活保護を受給することに抵抗を持つ方が多いです。

健康体でまだまだ動けるというなら、社会と繋がり持って貢献をしたいという気持ちは素晴らしいです。人は人の役に立っているという実感が一番大きな幸福をもたらすものですから、ぜひとも仕事をしていただきたい。

しかし、働きたくても働き口がないというのが現状。企業側はハローワークに求人を出しているということは人材を求めているのですが、なるべく若い人材が欲しいのでしょう。

紙やPC画面の求職者データ。進化なき退屈な履歴書では年齢だけで弾かれます。

クリエイターである僕は、昔から規定通りの単調な履歴を提出することに違和感を感じていました。というか、型通りの履歴書で自分の持つ力をアピールすることができなかったのです。名もなき高卒ですから。しかも、23歳までアルバイト生活。一体履歴書に何を書けというのだ。20代のピチピチの頃は、サービス業のアルバイトであれば、空白の履歴でも普通に採用されるので困まらないのですが。30・40歳過ぎれば状況は激変します。

性格的に多数派と同じことをするのが嫌な性分だったので、パソコンが使えるようになった時点で、オリジナルの履歴書を作るようになりました。言ってみれば、選挙ポスターのようなものです。自分にドーンと大きくキャッチコピーを付けて、自慢できない学歴・職歴は小さく書いて、得意なことを大きめに強調。デザインは得意分野なので、美しいレイアウトの選挙ポスターを作ることができました。

履歴書というのは自分をアピールするもので、規定のものである必要はないのです。経営者が古臭くて柔軟性がない場合は、「普通の履歴書でお願いします」となってしまいますが、そんな会社に入ってもつまらないのでこっちから願い下げ。平凡を嫌う活気ある経営者からは、まず間違いなく強い関心を示してくれます。

中小企業の優秀な経営者は固定観念を常に疑い、柔軟思考に優れ、いつだって面白いものを常に求めています。その心理を分かっているから、面白い会社に入るならオリジナルの履歴書。いや、立候補の選挙ポスターで挑んだわけです。

そんな図々しい恐れ知らずなキャラですから、面接は経営者と同じくらい堂々としたものです。「給与以上の働きが出来ていないと思われましたらすぐにクビにしてくれても大丈夫です。また自分でこの会社に不向きだと思ったら1ヶ月以内に退社します。」と伝えます。これも経営者の心理を知ってのことです。

経営者は「この人は違うなー」と思ったら、すぐにクビにしたいという願望を必ず持っています。だから、「あ、僕はクビにされても文句一切言わないですよ」と先にアピールしておくことで、経営者側からすると安心するのです。面接なんてのは人間心理を把握すれば簡単なのです。

「不向きな人材ならすぐクビにしたい。利益が上がる人材ならずっといてほしい。あとは真面目そうで性格が明るくて健康的な人であれば文句なし」

ほぼ全ての経営者はこれを求めていると思います。面接は経営者側の視点に立って考えておけば、受け答えは簡単です。

しかし、今回の問題テーマは面接までいけるかどうか。
シニア世代の求職活動はほとんど書類落ちです。書類が原因なのです。じゃあ根本治療しましょう。

書類の型を守っていたらダメなのです。
自己アピールの動画をスマホで撮ってください。
30秒以内の自分のCMを作ればいいんです。

例えば、鉄棒の懸垂を数回して、「体力は若いものに負けません!」と動画でアピールするだけで全然インパクトが違います。自分はまだ50歳だと言わんばかりにハキハキと背筋を伸ばして、シニアのイメージを払拭するくらいに。

そうすれば、仕事が見つかりやすくなると思いませんか?

今は若い世代でもフェイスブックやインスタで自己アピールをして就職活動に生かしてます。履歴書ではアピールできないことばかりだからです。60歳以降でgmailとインスタのアカウントを持っていたら、めっちゃ貴重価値高い人材です。SNSのアカウントを持っているだけで若々しい感性を持っているという印象を与えられます。

自分のCM動画ができたらインスタやYoutubeにアップして、ハローワークの職員にURLを伝えればOKです。

CM動画の作り方も重要です。
まず、原稿を書いて下さい。最低限の文字数で自分をアピールする言葉を考える。
次は何か一つ得意なことを表現して下さい。
パソコンのキーボードが早く打てるとか、ギター、料理とか。筋トレもいいと思います。
シニアの場合は健康アピールが肝になると思われます。
あとは、自分で撮った動画を自分で見る。客観的に。
なんか違うなーと思ったら、何度も撮りなおして下さい。


健康と体力を持て余してるシニア世代が活躍できる社会。
介護職員は60代が15%以上です。
もっと多く介護職に興味をもっていただき、介護問題をぜひとも支えてほしいです。
20代・30代の若者に介護なんてさせないでください。
若者の時間を守ってあげてください…。介護は立派な社会貢献です。
何卒お願い申し上げます。

カテゴリ: 人間心理

comment 登録なしでご自由にご入力いただけます(^^)ぜひぜひ記事のご感想をお聞かせ下さい。

お名前とコメントは入力必須です。

コメントの文字数が短すぎます。

この内容でコメントを送る
コメントをする

目が疲れている方向けにラジオ系Youtubeを始めました

オススメの人間心理に関する記事

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。