【政治の大局観】権力拡大の為に敵と組む必要性。権力を得てこそ初めて改革が行える

2022-04-25    503   1306 この記事はYoutubeにて同じ内容のものが公開されております



政治に興味を持って何の意味があるのか?
GLOBIS知見録というビジネスチャンネルを見いてそう考えることがあります。

自民・公明で293議席。最低でも150議席をとらないと何も変えられないのでは?

参政党・山本太郎・NHK党・つばさの党・桜井誠らが各々活動している訳ですが、地方の隅々まで擁立して、一体何年後に150議席取れるのか?そう考えると、政治が変わることを期待している間に自分の人生は終わってしまうのでは?

この結論に至り、自分を高めることだけに集中しよう。今の社会のルールの中で、できるだけのことをしよう。GLOBIS知見録を見てると、そういった方々ばかりで、みんな生き生きして目標に向かっています。

そもそも「他人に期待をしない」というのは重要な心理の一つです。

政治批判をされてる方は、今の自分が苦しいか、余裕があるけど苦しんでる人を放っておけない。この2つのケースに分かれるのかなと思いますが、自分が苦しいから政治が変わって欲しいという願いなら、叶うか分からない理想の社会を期待してもなぁと。自分を高めることに集中したほうが確実に幸福度は上がると思います。

余裕がある人は、政治に関心を持つことに疑問はありません。

僕は行き過ぎた西洋文化と、外資の侵入、人間とテクノロジーの融合という余計な進化は、身を滅ぼすと考えており、原点回帰を推進しているのは参政党のみなので、支持する政党があるわけですが、きっと政治を変えてくれるという期待は、抱いていません。分かってる人達が集うだけで満足としています。

政治に期待しない。他人に期待しない。
これは考えの一つの方向性として、全然間違いではないと。

というのも、政治は何がなんやらよく分かりません。正解がありませんから。ああ言えばこう言うで、何を主張しても反対派の人が湧いて出てきますからキリがない。

政治への関心が高い人は、このことを考えてほしいということがあります。

例えば、橋下元市長。メディアと戦って、市の無駄遣いを見直して、既得権と戦っていたと思います。その後、カジノ法案と竹中平蔵との関わりが維新の党のイメージを悪化させてますよね。

しかし、勢力を拡大しないと政治は根本から変えられないというのも事実です。力をつけるには金が必要です。カジノで維新の党が多大な利益を得られて、勢力が拡大すれば議席も増やせて、初めて理想の改革が行える。

何がいいたいかと言うと、悪者と手を組んででも勢力を拡大しないと、いつまでたっても力が持てないという大局観もあるのでは?と思うのです。

踊る大捜査線というドラマでは、お前はなんとしても出世して腐敗した警察を変えろ!という野望を持つエリートの人物がいました。上に上がるためには、ときには不正に目を瞑ったり、ろくでもない上層部の不正に手を貸さざるをえない状況もあるでしょう。堪えて堪えて、上に上がらったら、見てろよ!腐敗した者共を一掃してくれるわ!

この考えです。

LINKというWOWOWのドラマでも興味深い脚本が描かれていました。
不正資金で捕まった議員の釈明シーンで、

「不正資金は事実です。私はこれまで権力で動かしてきました。私は金が欲しかったのです。
とんでもないことを言うと思われるでしょうが、実際に政治家になると、この国のために働きたかったら、まっすぐ権力を手にするしかなかったのです。税金を我がモノにするバカな議員共を、政治の世界から叩き出さない限り変えられません!だから私は銭で奴らの横っ面をひっぱたいてでも、とにかく権力を手にしやろうと!まもなく逮捕されますが、また世間に出てきた何も変わってなかったら、もう一回同じことをやるでしょう」

WOWOWのドラマは重厚感があって、ハイレベルな脚本が多いのでオススメです。

国を変える権力を得るには、上り詰めるまでに、一時的に悪と手を結ぶことも必要だったりすると思うのです。「昨日の敵は今日の友」これは政治の世界ではよくあること。利害関係が一致すれば敵とでも手を組む。

自民党は公明党を利用し、公明党も自民党を利用している。維新の党は外資先導によるカジノ事業を利用する。仲介役はCIAの平蔵かな?よく分かりませんが、外資の言いなりなのは自民党も同じですから、多めに見てやってくださいな。

権力を手にした後、何をするかが大事なのです。まあ、しかし権力を手にする段階で、自身も年をとり、保守的になって、権力にしがみつくようになる。結果、何も変わらないというのが、大方の脚本なんですよねぇ。よほどの強い精神力と信念がないと、高齢者になっても初心を忘れないというのが持続できないというのが人間心理でしょうか。

高齢になるとどうしても、精神が弱まって、ラクな道を選んでしまうような気がします。だから若くて文武両道の清廉潔白で力強い政治家がどんどん輩出されてほしいものです。

ということで今回は、大局観で見ると、権力を得ないと何も変えられない。
勢力を拡大するには、敵と結託することで、拡大スピードが上げられる。
そういったことも含めて、熟考してみてほしいです。
そうするとより一層、何がなんやら分けわからんようになると思いますがね。

だから、政治への関心はほどほどに自分を高めることに集中しないとなぁと思ったりします。

カテゴリ: 人間心理

comment 登録なしでご自由にご入力いただけます(^^)ぜひぜひ記事のご感想をお聞かせ下さい。

お名前とコメントは入力必須です。

コメントの文字数が短すぎます。

この内容でコメントを送る
コメントをする

目が疲れている方向けにラジオ系Youtubeを始めました

オススメの人間心理に関する記事

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。