将棋講座第3回【中飛車の棋譜】将棋を始める時は中飛車(なかびしゃ)の攻めと受け方を覚えよう!

2018-10-23
中飛車(なかびしゃ)は相手が受け方を知らない場合、最短の手数で試合が決まってしまう恐れがある戦法です。
まずは一番うまく決まった場合の中飛車の攻め方を見てください。飛車と角で最短で相手陣を攻め落とします。
棋譜を進めていくと、盤面の下にコメントが表示されます。理解を深める為にしっかり目を通してください。

中飛車の攻め方「最短決着」



中飛車はあっという間に対局が終わってしまうこともある戦法なので、相手が中央に飛車を持ってきた時は対処法を知ってきましょう。

次は、中飛車の受け方です。
玉が相手の角のラインに入らないように、早めに安全な場所に移動し、金と銀で受け止めるのがポイントです。

相手が中飛車だった時の受け方


※今回は反転ボタンを押してから見てください。

将棋は先手は好きな戦法を選べますが、後手は相手の戦法に合わせて動かないといけない場合があります。
中飛車は早めにしっかり対応すれば、恐くありません。
次は相手の中飛車を受けきって、優勢になるまでの棋譜を見てみましょう。

中飛車を受けきって勝勢へ


※一回普通に見て、次は反転してからも見ることをオススメします。
※10手目からコメントが続きます。それまでは流して見てください。

中飛車の強引に中央をこじあげようとする攻めに対し、受ける一方になりますが、受け切った場合は勝勢になります。

中飛車には中飛車で対抗をする受け方も主流ですが、それはまたいずれ紹介します。