政府厚生労働省のサイトではコロナはインフルエンザ扱いなのにメディアは違う【コロナ=インフルエンザの完全証明】

2021-06-12


前記事では、「肺炎の基本知識」について。そして今記事は「インフルエンザの常識」についてです。これを知る人と知らない人では、世間を見る世界が全然違っているのではないかと思います。 ▽1、政府厚生労働省のサイトではコロナはインフルエンザ扱い ▽2、新型インフルエンザと季節性インフルエンザの違い ▽3、2009年の新型インフルエンザはどうだったのか? ▽4、通常の季節性インフルエンザ(普通のインフルエンザ)の死者数はどのくらいか? ▽5、通常のインフルエンザとコロナの比較 ▽6、緊急事態宣言の影響による死者数の方が多いという事実 政府厚生労働省のサイトではコロナはインフ...

動画編集のセンスが悪い人がやりがちな不快にさせる余計な編集3パターン

2021-04-19


クリエイティブは造り手がセンスの良い人なら見ていて気持ちが良いが、 センスの悪い人が作ったものは多くの人を不快に感じさせます。 B層向けのバラエティー寄りでどうでもいい内容の場合は、にぎやかしに効果音を入れてますが、まともなジャンルである情報配信では、余計なラッパの音とかチーンとか太鼓の音とか挟まなくてもいいんです。そこを混同してはいけません。特に太鼓の音(デデンッ)を多発させているケースを頻繁に見かけます。本当にしつこくて不快です。 情報配信でB層向けの動画編集は愚の骨頂です。 B層向けと情報配信は相容れない別世界なのです。 ▽1、語りの動画なのにBGMを入れた...

経営者とデザイナーが陥りやすい広告制作の悪循環!デザインはこだわりすぎても意味がありません。

2019-09-24

WEBサイト、チラシ・ポスターなどの広告は集客ツールとして必要性が高いですよね?どの企業も必要になってくるものだと思います。しかし、この広告を作る工程で余計な手間と時間をかけているケースは少なくないのではないでしょうか? この問題を解決するために今回は記事を書きます。 <よくある悪循環なケース> 1、経営者がデザインに主観の強いこだわりがある(完璧主義) 2、経営者がデザイナーに抽象的な指示を出している 3、広告に関する知識不足 経営者がデザインに主観の強いこだわりがある(完璧主義) まず、完璧主義はビジネスの上では推奨されていません。その理由は明確にあります。 「...

一番最強の健康・予防法は基礎体温を36.5度以上にすること【免疫力を上げる温活】35度台の方が長生きする説も浮上

2019-04-24


▽健康な人の平熱は何度か? ▽平熱が時代と共に下がっているという事実 ▽なぜ低体温だと不健康になりがちなのか? ▽なぜ現代人は低体温が多いのか? ▽低体温から正常な平熱へと体温を上げる4つの方法 ▽長生きするのは36度台より35度台という変な説も… 今回の記事は非常にベッタベタな内容です。 基礎体温が36度以下の人はガンになりやすいですよという、近年ではもう当たり前の情報。「今さらかい!そんなこと知ってるわ!」とツッコミたくなるかもしれません。 ですが、あえて!この当たり前を再確認。 「健康第一」という超重要なことを忘れがちな人が多いですよね? 健康を損ねた...

【フリー素材】バナー、チラシ作成でよく使うギザギザのマーク

2014-11-01


ギザギザと個人的に呼んでいるマーク。「何パーセントオフと」か、「何々限定」とか、強調させたい時に使用するもので、Photoshopには最初からそれっぽいのが入っているものの、なんかちょっとイマイチってことで、イラレで作成しました。色はカラーオーバーレイやグラデーションで自分好みに調節して下さい。 人物フリー素材SELLSELF ダウンロード[PNG] ダウンロード[EPS] ※自由に使っていただいてかまいませんが、再配布はご遠慮ください。 ...

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。