肺炎死の95%は65歳以上!死因3位の肺炎事情は基本知識として持つべき。インフルエンザ(コロナ)・糖尿病・エイズも肺炎になる理由

2021-06-10


▽1、肺炎とは肺に炎症が起きた状態 ▽2、肺炎死の95%は65歳以上「肺炎で亡くなる=高齢者」 ▽3、体力が弱すぎる人、エイズ、糖尿病は肺炎になるリスクが高い ▽4、インフルエンザ(コロナも含め)は重症化すると肺炎になる ▽5、これを知らずしてコロナの真実に辿り着くことはできない 肺炎とは肺に炎症が起きた状態 細菌やウイルスに感染することにより、肺の中を通る気管支のさらに先にある肺胞という部位が炎症を起こす病気。風邪と似た症状だが、呼吸困難や入院が必要になるほど重症化することもあるので注意が必要。 肺炎は「風邪をこじらせたもの」と考えられがちですが、風邪は喉や鼻の粘膜...

信念ある真の医師達から尊敬される免疫学者の安保徹(あぼとおる)博士「死ぬまで元気な生き方」

2020-08-12


免疫学の世界的権威である安保徹先生。 非常に素晴らしい内容でしたので、動画でお話されていた内容を記事ベースでまとめました。 ▽最初のキーワードは自律神経(交感神経と副交感神経について) ▽次のキーワードは白血球(顆粒球とリンパ球) ▽次のキーワードは体温 ▽「温める」と「冷やす」に関する気づき ▽人間の2つのエネルギーの作り方 最初のキーワードは自律神経(交感神経と副交感神経について) ※交感神経は緊張モード、副交感神経はリラックスモードという認識で読むと分かりやすい。 病気の7割は肉体的に無理が続く人、心配事でストレスがある人 残りの3割は副交感神経の偏りがあ...

新型コロナウイルス対策【飛沫感染・接触感染の対策法】咳エチケット知らない人多過ぎ!!目からの感染にも要注意

2020-04-12


コロナウイルスの影響で街が閑散としている状況。 この状況がいつまで続くのかは、誰も断言できません。 個人的にはコロナ、インフルエンザのウイルスに関しては、 対策の知識があれば、そうそう感染しないだろうと、特に不安は感じていません。 コロナに対して強い不安感がある方の為に今回の記事をしたためます。 ▽まずは、考えられるコロナウイルス感染経路を知る ▽飛沫感染の対策は国民ひとりひとりのマナーに影響 ▽目から伝染る飛沫感染の落とし穴【超重要】 ▽コロナが長期で続くのは接触感染の影響が大きい ▽コロナの感染経路は接触感染が本命 ▽コロナ対策のまとめ まずは、考...

【良い砂糖の選び方】ミネラルが豊富で人気のキビ砂糖とてんさい糖商品をご紹介

2020-03-16


ミネラルの抜けた白い砂糖が一番供給されている病んだ社会。その結果、糖に関係する病が社会に蔓延しています。砂糖に関する知識は健康的に生きていく上で重要です。 ▽市場に一番多く出回っている白砂糖は問題外 ▽カラメル色素で色を付けている茶色い砂糖は買わないように ▽ミネラルが含んでいるオススメの質の良い砂糖 ▽「オリゴ糖」目当てで、てんさい糖を選択する価値あり! 市場に一番多く出回っている白砂糖は問題外 白砂糖は上白糖、グラニュー糖、三温糖などのことを指す用語です。 すでに常識となっている情報ですが、精製された白砂糖は栄養が排除された、ただの甘い粉。 しかし、質の良い...

一番最強の健康・予防法は基礎体温を36.5度以上にすること【免疫力を上げる温活】35度台の方が長生きする説も浮上

2019-04-24


▽健康な人の平熱は何度か? ▽平熱が時代と共に下がっているという事実 ▽なぜ低体温だと不健康になりがちなのか? ▽なぜ現代人は低体温が多いのか? ▽低体温から正常な平熱へと体温を上げる4つの方法 ▽長生きするのは36度台より35度台という変な説も… 今回の記事は非常にベッタベタな内容です。 基礎体温が36度以下の人はガンになりやすいですよという、近年ではもう当たり前の情報。「今さらかい!そんなこと知ってるわ!」とツッコミたくなるかもしれません。 ですが、あえて!この当たり前を再確認。 「健康第一」という超重要なことを忘れがちな人が多いですよね? 健康を損ねた...

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。