多数派・B層・情報弱者など目覚めていない人に向けて。多数派・少数派の違い【本編】

2022-08-29


▽真実は少数派にあり構図の1段目 ▽真実は少数派にあり構図の2段目 ▽真実は少数派にあり構図の3段目 ▽真実は少数派にあり構図の4段目 ▽真実は少数派にあり構図の5段目 世の中の8割ほどの多数派が、権威というものが作った枠の中でしか物事考えられません。権威は政府・有名大学の教授・科学研究機関などをイメージしてもらえばいいかなと思います。 真実は少数派にあり構図の1段目 教科書で習ったことが絶対的に正しい。教員が丸を付ければ正解、バツを付ければ不正解。という教育を10年間以上されられています。 しかし、実際は本当に真剣に物事を突き詰めて考えていくと絶対というこ...

テレビを見るとバカになる。捏造によりインフルエンザに怯える人間が出来上がった

2022-07-29


全然怖くありません。サル痘とかコロナ感染症とか。根本をざっくりと理解してるからでしょうか。別に細かいことを知る必要ありません。西洋医学の難しい横文字とかどうでもいいのです。ざっくり伝統ある昔ながらの教えを少し齧ればいいだけ。それだけで、心が穏やかになれます。 しかし、世の中違和感があることが多いですね。 安倍元総理の銃撃事件もお手製の鉄砲2発目の前に、元首相の襟がフワッとしていて、心霊現象でしょうか?一発目はどこに撃ったのかよくわからない。適当なところに撃ったとしたら、一発目は合図だったと考えられます。そして合図後、1、2、3で狙撃手と合わせる。そう考えるとしっくりきます。...

医者とビジネス展開中のホリエモン発言「さっさとワクチン打って集団免疫完成させよう」

2022-07-29


お騒がせITアイドル・ホリエモンが「ワクチンを打つ打たないは個人の自由という人は、社会からいなくなってほしいと思う」といったような発言をしたということで、ツイッターで批判をしてる人を見かけました。今回、ホリエモン検索をした方がこの動画で、統合医療の存在を知ってほしい。そんな願いを込めての発信です。 該当のホリエモン動画を見ました。 ・みんなマスクしていて集団免疫がなかなかできないから、早くみんな打ってほしい ・マスコミは感染者数をいちいち発表するな! ・無駄な行動制限はやめてほしい。別に一人で喋らなければ屋内でもいらんだろ。 ・熱が出たら市販の解熱剤でも飲んで家でじっとし...

正確性を欠く予測式体温計。風邪で解熱剤は基本不要は良識派にとっては常識【目覚めてない人に届け】

2022-07-22


電子体温計のシェア率No.1 オムロン製品。 「スピード検温15秒予測」口コミを見ると、多くの人がバラバラで適当な結果が出ると評判です。僕も実際、適当だなと感じました。オムロンふざけんな!とまず言いたい。体温計ですら西洋医学お得意の茶番ですか? オムロンには2種類の体温計があります。 ・実測式体温計 ・予測式体温計 予測式体温計では、 15秒でピピっと鳴る結果が予測データ 10分でピピッと鳴る結果が実測データ 当然、実測式の方が正確です。 予測式は、検温開始からの温度と温度変化を、分析・演算して、体温を予測する方式 体温計に求める機能はズバリ正確さ。...

少数派に与えられた課題「目を覚まさせよ」突破口は西洋医療の利権に気づかせる

2022-05-27


無思考・平和ボケ・砂糖漬けで全ての神経が緩みっぱなしの人。 こういった人達の目を覚まさせるにはどうすればいいのか? これが少数派に与えられた課題です。 自分さえよければいいから、放っておこう。 言っても聞く耳ないから、諦めよう。 そう思う方が多いですよね。 僕も何度も諦めては、挑戦して、諦めては挑戦しての繰り返し。何度ノックをしても思考脳が出てきてくれない、引きこもった脳を抱えた患者達。引きこもりの人を部屋の外に連れ出すことの難しさは見たことがあるでしょ?思考を呼び戻すのもあれと同じくらい難しい。 洗脳を解くのは至難の業。 メディアはマスクをしろしろ!2...

急激に変えようとするとその分副作用も大きい。体質改善は長期的思考がないと達成できない

2022-05-24


▽長期思考がないと理解できないこと「医学」 ▽長期思考がないと理解できないこと「投資」 ▽長期思考がないと理解できないこと「急激な変化は危険を伴う」 ▽長期思考がないと理解できないこと「自身の健康増進」 ▽不摂生していた頃の自身の体験 ▽免疫不全になる仕組みを理解すれば恐れは軽減する ▽パンチ・キックは生活習慣病だけでなく、鬱っ気も吹き飛ばす! 今回は健康と長期的思考に関するテーマです。 最後の方では間違いなく成功できるんじゃないかというビジネスモデルを一つ紹介します。 長期的思考がないと理解できないことがあります。 長期思考がないと理解できないこと「医学」...

癌で人は本当に死ぬのか?誤った治療が原因では?花咲き乳がんから回復したミミポポさん注目!

2022-04-21


人間が死ぬ条件を考えると、癌で人は本当に死ぬのかな?という疑問が湧いてきます。 ほとんどのケースは手術・抗がん剤・放射線が原因で亡くなられてるのではないかと。 人が死ぬ条件は酸素の供給が絶たれた時。 切り傷や血管損傷による出血多量は、全身の血が巡らなくなり、酸素が回らなくなる。 心臓が止まったり、肺の機能が保てなくなったら、全身に酸素が回らなくなる。 老衰は寝たきりにより低体温になって、血流が維持できなくなり、酸素が回らなくなる。 じゃあ、がんはどうでしょう? 低酸素の身体だと、正常細胞ががん細胞に変異しやすいわけですが、死に至るような病なのか? 呼吸に...

統合医療を行う真の医師を紹介!予防学を広げて病院になるべく来ないでねというスタンスの名医

2022-02-25


▽1、未病学・予防学を広げようとする医師達の共通点 ▽2、真の医師「安保徹大先生」 ▽3、真の医師「永田勝太郎大先生」千代田国際クリニック 院長 ▽4、真の医師「小林常雄大先生」ホリスティッククリニック銀座 院長 ▽5、真の医師「宗像久男大先生」 ▽6、真の医師「水上治先生」千代田区 健康増進クリニック 院長 ▽7、真の医師とそうでない医師の見分け方。目に見えないもの含めて考えられるかどうか? 未病学・予防学を広げようとする医師達の共通点 「薬と手術のセールス医者」と「予防医学を広げて病院になるべく来るなという医者」 どちらを信じるのが自然でしょうか? というこ...

「新型コロナはただの風邪」と思っている人の特徴は何ですか?本質思考の人だけが理解できる少数派の論

2022-01-22


▽1、実際にコロナの症状が出た40代持病なし男性の体験談 ▽2、「新型コロナはただの風邪」と思っている人の特徴 ▽3、統計思考・本質思考がない人は辿り着けない真理 ▽4、厚生省は当初からコロナをインフルエンザ扱い 実際にコロナの症状が出た40代持病なし男性の体験談 おそらく実際にコロナにかかりました。 1週間くらい気だるく微熱で、4日ほど味覚が完全になくなりました。 症状は高熱が出るパターンではなかったので、全然たいしたことがなかったです。 コロナ登場初期は医者の中で「変わった風邪が流行っている」とウワサが流れていたようで、まさに変わった風邪といった感じでした。 ...

精神が弱まった日本人 肉体労働の開放後から能力低下が著しい~体力は精神力と表裏一体~

2021-12-30


▽1、肉体労働から開放されて体力・身体能力が大きく弱まった ▽2、心身一如という重要ワード(体力と精神は表裏一体) ▽3、身体を鍛えると恐れがなくなる ▽4、日本人弱体化は砂糖の過剰摂取も要因の一つ ▽5、せめて自分だけでも精神を弱めないためにはどうしたらよいか ▽6、最後にちょっとした余談ですが 肉体労働から開放されて体力・身体能力が大きく弱まった 機械化が進んでいなかった時代は、米が現代のお金同様の価値で過酷な重労働でお米が作られていた。米粒は最後の一粒までちゃんと食べましょう。昔はものすごい苦労して作ったごはんを残すなんて考えられなかったでしょう。70年前くらい...

真実は少数派にあり!多角的な視点、多面的に見る思考方法の事例

2021-09-30


▽1、医療業界を多角的な視点、多面的に見る ▽2、コロナ騒動を多角的な視点、多面的に見る ▽3、少数派に真実あり!浅く広く様々な分野を学ぶことを最優先 複雑にこんがらがった社会では、一つの分野だけに特化した知識では、まったく真相を捉えることができません。今回は多角的な視点、多面的に見ることで俯瞰で見れるようになる。という重要な思考方法の事例をピックアップ。 医療業界を多角的な視点、多面的に見る 例えば、医療業界を見る際にただ病気を治してくれるという面しか見えない人は、医者をまったく疑わず信用します。勉強ができて、賢い大学を卒業しているから、しっかりした人間だ。そんな単純な...

肺炎死の95%は65歳以上!死因3位の肺炎事情は基本知識として持つべき。インフルエンザ(コロナ)・糖尿病・エイズも肺炎になる理由

2021-06-10


▽1、肺炎とは肺に炎症が起きた状態 ▽2、肺炎死の95%は65歳以上「肺炎で亡くなる=高齢者」 ▽3、体力が弱すぎる人、エイズ、糖尿病は肺炎になるリスクが高い ▽4、インフルエンザ(コロナも含め)は重症化すると肺炎になる ▽5、これを知らずしてコロナの真実に辿り着くことはできない 肺炎とは肺に炎症が起きた状態 細菌やウイルスに感染することにより、肺の中を通る気管支のさらに先にある肺胞という部位が炎症を起こす病気。風邪と似た症状だが、呼吸困難や入院が必要になるほど重症化することもあるので注意が必要。 肺炎は「風邪をこじらせたもの」と考えられがちですが、風邪は喉や鼻の粘膜...

信念ある真の医師達から尊敬される免疫学者の安保徹(あぼとおる)博士「死ぬまで元気な生き方」

2020-08-12


免疫学の世界的権威である安保徹先生。 非常に素晴らしい内容でしたので、動画でお話されていた内容を記事ベースでまとめました。 ▽最初のキーワードは自律神経(交感神経と副交感神経について) ▽次のキーワードは白血球(顆粒球とリンパ球) ▽次のキーワードは体温 ▽「温める」と「冷やす」に関する気づき ▽人間の2つのエネルギーの作り方 最初のキーワードは自律神経(交感神経と副交感神経について) ※交感神経は緊張モード、副交感神経はリラックスモードという認識で読むと分かりやすい。 病気の7割は肉体的に無理が続く人、心配事でストレスがある人 残りの3割は副交感神経の偏りがあ...

新型コロナウイルス対策【飛沫感染・接触感染の対策法】咳エチケット知らない人多過ぎ!!目からの感染にも要注意

2020-04-12


コロナウイルスの影響で街が閑散としている状況。 この状況がいつまで続くのかは、誰も断言できません。 個人的にはコロナ、インフルエンザのウイルスに関しては、 対策の知識があれば、そうそう感染しないだろうと、特に不安は感じていません。 コロナに対して強い不安感がある方の為に今回の記事をしたためます。 ▽まずは、考えられるコロナウイルス感染経路を知る ▽飛沫感染の対策は国民ひとりひとりのマナーに影響 ▽目から伝染る飛沫感染の落とし穴【超重要】 ▽コロナが長期で続くのは接触感染の影響が大きい ▽コロナの感染経路は接触感染が本命 ▽コロナ対策のまとめ まずは、考...

【良い砂糖の選び方】ミネラルが豊富で人気のキビ砂糖とてんさい糖商品をご紹介

2020-03-16


ミネラルの抜けた白い砂糖が一番供給されている病んだ社会。その結果、糖に関係する病が社会に蔓延しています。砂糖に関する知識は健康的に生きていく上で重要です。 ▽市場に一番多く出回っている白砂糖は問題外 ▽カラメル色素で色を付けている茶色い砂糖は買わないように ▽ミネラルが含んでいるオススメの質の良い砂糖 ▽「オリゴ糖」目当てで、てんさい糖を選択する価値あり! 市場に一番多く出回っている白砂糖は問題外 白砂糖は上白糖、グラニュー糖、三温糖などのことを指す用語です。 すでに常識となっている情報ですが、精製された白砂糖は栄養が排除された、ただの甘い粉。 しかし、質の良い...

一番最強の健康・予防法は基礎体温を36.5度以上にすること【免疫力を上げる温活】35度台の方が長生きする説も浮上

2019-04-24


▽健康な人の平熱は何度か? ▽平熱が時代と共に下がっているという事実 ▽なぜ低体温だと不健康になりがちなのか? ▽なぜ現代人は低体温が多いのか? ▽低体温から正常な平熱へと体温を上げる4つの方法 ▽長生きするのは36度台より35度台という変な説も… 今回の記事は非常にベッタベタな内容です。 基礎体温が36度以下の人はガンになりやすいですよという、近年ではもう当たり前の情報。「今さらかい!そんなこと知ってるわ!」とツッコミたくなるかもしれません。 ですが、あえて!この当たり前を再確認。 「健康第一」という超重要なことを忘れがちな人が多いですよね? 健康を損ねた...

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。