食糧危機で健康になる発想。たった2つの食品で十分【籾殻付きの米が備蓄向き】

2022-04-27


この飽食の時代に食糧危機が迫っているという情報が一部で取り沙汰されています。 日経新聞も深刻さ増す食料危機、エネルギー高と共鳴。という見出しの記事があり、 ウクライナ危機は農産物の価格も高騰させた。 購買力の弱い新興国を直撃する食料高は長期化するリスクがある。 とありました。 現代ビジネスという情報サイトでは、 「食糧危機は中国から始まる」という見出しを見かけました。 中国では、すでに買い占め騒動が発生したり、ロックダウンをしている上海では肉が手に入らないという情報は各メディアが報じています。 原因としては、コロナとウクライナの問題として挙げられています。D...

1日3食しっかり食べなくていい!子供・成人・老人と成長によって食事量と必要な栄養は変わる

2022-03-28


一日3食しっかり食べましょう。 この固定観念は子供の頃から植え付けられています。 親から電話があれば、「あんたちゃんと食べとんのけ?」と言ってくれたり、 帰郷して、帰る際にも「あんたこれもっていきー」と生卵を渡されたり、 やたらと食べ物の心配をされます。 栄養を摂らなきゃと言っておきながら、塩・しょうゆ・酒・みりんが添加物まみれで、ミネラルが排除されている調味料を使っています。切ないですね。なんか商売する側のいのままというか。 全国民が一日3食たらふく食ってくれたら、 食品業界はうるおいますし、経済も回るというのが利権団体の魂胆でしょう。 しかし、6割の...

統合医療を行う真の医師を紹介!予防学を広げて病院になるべく来ないでねというスタンスの名医

2022-02-25


▽1、未病学・予防学を広げようとする医師達の共通点 ▽2、真の医師「安保徹大先生」 ▽3、真の医師「永田勝太郎大先生」千代田国際クリニック 院長 ▽4、真の医師「小林常雄大先生」ホリスティッククリニック銀座 院長 ▽5、真の医師「宗像久男大先生」 ▽6、真の医師「水上治先生」千代田区 健康増進クリニック 院長 ▽7、真の医師とそうでない医師の見分け方。目に見えないもの含めて考えられるかどうか? 未病学・予防学を広げようとする医師達の共通点 「薬と手術のセールス医者」と「予防医学を広げて病院になるべく来るなという医者」 どちらを信じるのが自然でしょうか? というこ...

【参政党は怪しい?】参政党には認識共同体の 町おこしをしてほしい!権威・既得権益に歯向かってもケガするだけ

2022-02-11


最近は参政党に興味がなくなってきました。 武田大先生や吉野先生の情報配信はよくチェックしてますが、今の所、政党自体には興味が持てません。 結局、オンラインサロンのような感じになるんだろうなと。 少数派の共感者が、ただただ共感をし合うだけで、当選して議席を取れるとは思えない。 メンバーの知名度が低いし、話してる内容も多岐に渡るので、いわゆるB層には分かりづらい。「NHKをぶっ壊す」みたいな明確なコピー一本で一時ブレイクした立花さんのように、なにかインパクトあるメインの政策を一つ、全面に押し出した方がよさそうな気がします。「郵政民営化」のときもそうでした。参政党は「投票した...

2022年1月まん延防止策コロナ騒動続行!「権威に従順な多数派」or「権威を信用しないひねくれ者」

2022-01-26


▽1、まん延防止策ではなくPCR検査機と電子顕微鏡を壊した方が健全 ▽2、武漢で発生後にウイルス・予防学などを勉強して出た結論 ▽3、権威に従順な多数派と権威を信用しないひねくれ者 ▽4、風邪ウイルスに負けない身体・精神があれば全く気にならない ▽5、この先ずっと鎖国するならゼロコロナでいいけど… まん延防止策ではなくPCR検査機と電子顕微鏡を壊した方が健全 今年も始まっちゃいましたね。大規模な防止策。 予想してたので、やっぱりかといった感じです。 科学やテクノロジーの進歩というのも行き過ぎてはいけませんね。 感染者数とかいう、知らなくてもいいデータでテレビ前の方...

「新型コロナはただの風邪」と思っている人の特徴は何ですか?本質思考の人だけが理解できる少数派の論

2022-01-22


▽1、実際にコロナの症状が出た40代持病なし男性の体験談 ▽2、「新型コロナはただの風邪」と思っている人の特徴 ▽3、統計思考・本質思考がない人は辿り着けない真理 ▽4、厚生省は当初からコロナをインフルエンザ扱い 実際にコロナの症状が出た40代持病なし男性の体験談 おそらく実際にコロナにかかりました。 1週間くらい気だるく微熱で、4日ほど味覚が完全になくなりました。 症状は高熱が出るパターンではなかったので、全然たいしたことがなかったです。 コロナ登場初期は医者の中で「変わった風邪が流行っている」とウワサが流れていたようで、まさに変わった風邪といった感じでした。 ...

パソコン初心者も上級者にもオススメ!ウイルス対策ソフトはさっさとアンインストールしましょう

2022-01-22


▽1、ネットにウイルスなど存在しない。あるのは不正プログラム ▽2、フリーソフトをインストールしなければ安全 ▽3、サイト上の広告バナーはなるべく押さないこと ▽4、実はウイルス対策ソフト自体が不正プログラム? ▽5、サポートが切れても買い換える必要は全くありません ▽6、システムの復元機能があるから安心してください ウイルス対策ソフトはアンインストールしても全く変わりません。 windowsのディフェンダーもアンインストールして問題ありません。 この根拠をなるべく分かりやすく解説してみようという試みです。 ネットにウイルスなど存在しない。あるのは不正プログラ...

痰 たんが止まらない病になった体験談【完治の方法】

2022-01-11


15年ほど前に、たんがずっと出続ける状態になったことがあり、ペットボトルを痰壺にして、痰が口の中で溜まったら、吐き捨てるの繰り返しで、一日に500mlのペットボトルがいっぱいになる量でした。なんとこの症状は5年間続きました。 眠りにつくまでが大変で、痰を吐き捨てるたびに身体を動かさないといけないので、なかなか寝付けず、軽い不眠症でもありました。「1週間以上不眠が続くと鬱らしいよ」って知り合いが言ってて、えっと思って…。でも全然、悩みもストレスはなく自由に一人暮らしを満喫していたので、鬱ではないだろうと。 一度だけ耳鼻科に見てもらいましたが、処方された薬は全く効果ありませんで...

精神が弱まった日本人 肉体労働の開放後から能力低下が著しい~体力は精神力と表裏一体~

2021-12-30


▽1、肉体労働から開放されて体力・身体能力が大きく弱まった ▽2、心身一如という重要ワード(体力と精神は表裏一体) ▽3、身体を鍛えると恐れがなくなる ▽4、日本人弱体化は砂糖の過剰摂取も要因の一つ ▽5、せめて自分だけでも精神を弱めないためにはどうしたらよいか ▽6、最後にちょっとした余談ですが 肉体労働から開放されて体力・身体能力が大きく弱まった 機械化が進んでいなかった時代は、米が現代のお金同様の価値で過酷な重労働でお米が作られていた。米粒は最後の一粒までちゃんと食べましょう。昔はものすごい苦労して作ったごはんを残すなんて考えられなかったでしょう。70年前くらい...

安保徹先生「ワクチンは危険がいっぱい」ワールドフォーラム統合医学講演会より

2021-09-07


西洋医学に従事し、西洋医学の誤りを唱え続け、統合医療を目指す本物の医師も皆、尊敬してやまない安保大先生。令和の弱りきったアレルギー体質の子供が中心の時代にはそぐわないかもしれないが、心に染みる講義を文字に起こしました。 安保先生といえば、細胞ミトコンドリアの仕組みからがんの原因を特定し、自律神経による病気になる原因を追求されました。ほぼ答えに近いんじゃないかというその仮説の理論は、信念ある医師達が引き継いで生きています。 自然免疫を無視してワクチンに頼るような、精神の弱った人間になってはいけません。ウイルスに勝てなくなったら、それは免疫が限りなく弱まった身体であり、老衰・寿命な...

肺炎死の95%は65歳以上!死因3位の肺炎事情は基本知識として持つべき。インフルエンザ(コロナ)・糖尿病・エイズも肺炎になる理由

2021-06-10


▽1、肺炎とは肺に炎症が起きた状態 ▽2、肺炎死の95%は65歳以上「肺炎で亡くなる=高齢者」 ▽3、体力が弱すぎる人、エイズ、糖尿病は肺炎になるリスクが高い ▽4、インフルエンザ(コロナも含め)は重症化すると肺炎になる ▽5、これを知らずしてコロナの真実に辿り着くことはできない 肺炎とは肺に炎症が起きた状態 細菌やウイルスに感染することにより、肺の中を通る気管支のさらに先にある肺胞という部位が炎症を起こす病気。風邪と似た症状だが、呼吸困難や入院が必要になるほど重症化することもあるので注意が必要。 肺炎は「風邪をこじらせたもの」と考えられがちですが、風邪は喉や鼻の粘膜...

一番最強の健康・予防法は基礎体温を36.5度以上にすること【免疫力を上げる温活】35度台の方が長生きする説も浮上

2019-04-24


▽健康な人の平熱は何度か? ▽平熱が時代と共に下がっているという事実 ▽なぜ低体温だと不健康になりがちなのか? ▽なぜ現代人は低体温が多いのか? ▽低体温から正常な平熱へと体温を上げる4つの方法 ▽長生きするのは36度台より35度台という変な説も… 今回の記事は非常にベッタベタな内容です。 基礎体温が36度以下の人はガンになりやすいですよという、近年ではもう当たり前の情報。「今さらかい!そんなこと知ってるわ!」とツッコミたくなるかもしれません。 ですが、あえて!この当たり前を再確認。 「健康第一」という超重要なことを忘れがちな人が多いですよね? 健康を損ねた...

この記事がお役に立てましたら是非シェアのご協力お願いします。